Event is FINISHED

産官学民共創プラットフォームで「未来をハックする!」 ー世界の市役所から社会課題解決を学び、実装するー

Description
2020/5/1からスタートした、市役所をハックする!season2。
▶︎詳細はこちら:https://www.shiyakushohack.org/

日本中のさまざまな地域で活動する公務員が、
仮想市役所(オンライン投資型サロン)に集まり、
それぞれの地域の課題を官民連携等による
「共創プロジェクト」により解決を模索する取り組みとして
2019年10月にスタートし、2020年5月からはseason2を展開しています。
そのseason2も6ヶ月の期間限定プロジェクトですので、10/30で一区切り。
 
この半年で何が起こったのか、何が見えてきたのか、
世界の市役所から学び、実装するプロジェクト#モリゼミの報告も含め、
私たちの探求をシェアできればと思います。

市役所をハックする!に興味を持ってくださっている方、
ちょっと気になっていたという方、もちろん、メンバーの皆さんも!
 
当日は出入り自由で、
参加できない時間帯がある方には、後日アーカイブの共有も致しますので、
ぜひ、お気軽にお申し込みください^^

============
日時:11/29(日)13:00-19:00
オンライン会議ツールzoom
 
▶参加費(早割があります!お早めのお申し込みをおススメします!
【早割①】11/24(火)13:00まで:1,000円
【早割②】11/27(金)13:00まで:1,500円
【通常】3,000円
(ゲストの方、関係者の方は別途割引コードをお知らせしておりますので、
 そちらからお申し込みください。)

▶︎タイムライン(予定)
13:00-15:00 市役所をハックする!season2報告
 13:05 「市役所をハックする!」シーズン2の概要(まとめ)
 13:10 各コンテンツからのピッチ
 ・民間企業と連携しやすい自治体100選:官民連携事業研究所 晝田浩一郎さん
 ・アスミー:宮城県丸森町役場 八島大祐さん/福島県南相馬市役所 花岡高行さん
 ・モリゼミ:TA 小倉知子さん
 ・オープンデー(ピッチから生まれたもの)
  ピッチ1 市役所をハックする!ラジオ(南相馬市の事例)
  ピッチ2 ロジックモデル・EBPMプロジェクト(塩尻市-信州大学共同研究)
  ピッチ3 自治体と市民のほど良い関係

 13:30 アスミー特別セッション「デジタル化の恩恵と大規模災害時対応のジレンマ」
 ゲスト サイボウズ 蒲原大輔さん(地方公務員カタリスト制度)
     アスミー 代表理事 秋田大介さん

 14:00 パネルディスカッション
   「市役所をハックできたか」ー6ヶ月実施してみてわかったことできたことー
   「市役所をハックする!」の可能性ー公共というテーマに向き合うー
   「シーズン1とシーズン2の違いは」「コロナ禍におけるオンラインの可能性」
    宮城県仙台市役所 白川裕也さん
    宮城県丸森町役場 八島大祐さん
    長野県塩尻市役所 山田崇さん
    島根県雲南市役所 光野由里絵さん

 14:30 シーズン3にむけて:season3 
 ・進化思考「SHINKA大学」

 14:45 クロージング・記念撮影
 14:50 休憩(CMタイム)

15:00-18:00 世界の市役所をハックする!<モリゼミの活動>
 15:00-15:30 Opening
  ・モリゼミの概要(この半年どう進めてきたのか、4カ国を選んだ理由)
 
 15:30-16:10 選択セッション① ※1-4の国、パネルディスカッションから選択
  ■ リサーチ共有
   1_デンマークから学ぶ「”ひと”が育つ環境とは?」
   2_台湾から学ぶ「なぜ若者が選挙に行くの?」
   3_オランダから学ぶ「水との共存から学ぶイノベーションの源泉とは?」
   4_エストニアから学ぶ「99%デジタル化した行政サービス」
  ■ パネルディスカッション
   ー 世界は地球環境にどう立ち向かっているのか

 16:10-16:15 休憩
 16:15-17:15 選択セッション② 
  ■ 対話型セッション(各国の知見を学び、さて何を始める?)
   1_デンマークから考える「”ひと”が育つ環境をアップデートするために、いまここからできること」
   2_台湾から考える「Trust、Fun、Openで育んだ民主主義、私たちは何から始めようか」
   3_オランダから考える「オンライン×オフライン、今私たちにできる教育と社会のつながり方」
   4_エストニアから考える「さて日本はなにからはじめようか」
    ーエストニアチーム①「町内会のアップデート」
    ーエストニアチーム②「自治体システムの標準化」
  ■ パネルディスカッション
   ー 北欧から学ぶ教育の未来
  
 17:15-17:50 振り返りトーク
 〜世界から学んだこと、モリゼミから学んだこと〜
 
17:50-18:00 休憩

18:00-19:00 市役所ハックする!シーズン2 ラップアップ
ーこれからの産官学民連携、社会課題解決をゲストとともに語り合う
 Inclusion Japan 吉沢康弘さん
 NOSIGNER 太刀川英輔さん
 長野県塩尻市役所 山田崇さん

▶︎登壇予定ゲスト
・ニールセン北村朋子さん
2001年よりデンマーク・ロラン島在住。地球と人にうれしい社会の構築を追求する共生アドバイザーとして、再生可能エネルギー、高福祉社会システム、持続可能な社会、教育、民主主義、スポーツと文化、復興と都市計画など、様々なテーマにおける対話と連携を継続。著書に『ロラン島のエコ・チャレンジ〜デンマーク発、自然エネルギー100%の島』(新泉社)。現在ロラン島に初の食をテーマとしたインターナショナル・フォルケホイスコーレを2022年開校準備中。

・太刀川英輔さん
NOSIGNER代表。デザインストラテジスト。慶應義塾大学特別招聘准教授。ソーシャルデザインで美しい未来をつくる(デザインの社会実装)発想の仕組みを解明し変革者を増やす(デザインの知の構造化)この2つの目標を実現するため、次世代エネルギー・地域活性・伝統産業・科学コミュニケーションなど、SDGsに代表される分野で多くのデザインプロジェクトをマルチセクターの共創によって実現。プロダクト・グラフィック・建築・空間・発明の領域を越境するデザイナーとして活動する。

・蒲原大輔さん
サイボウズ株式会社。一般社団法人Public Catalyst(設立準備中)
2011年に品川区役所に入庁し、約5年半自治体職員として勤務。その後2016年にサイボウズ株式会社へ転職。ICTを活用した自治体のデジタル化・業務改革の支援を行いながら、自治体職員のキャリア多様化に向けた活動を展開。 「自治体職員が自らのキャリアをデザインできる社会を作る」というビジョンのもと、地方公務員カタリスト事業の立ち上げを進めている。

・山田崇さん
1975年塩尻市生まれ。千葉大学工学部応用化学科卒業
塩尻市役所 企画政策部 地方創生推進課 地方創生推進係長(シティプロモーション担当)
空き家プロジェクトnanoda代表
内閣府 地域活性化伝道師
信州大学 キャリア教育・サポートセンター 特任講師(教育・産学官地域連携)ローカルイノベーター養成コース特別講師/地域ブランド実践ゼミ
日本一おかしな公務員 /著者(2019年6月27日店頭販売 日本経済新聞出版社

・花岡 高行さん
南相馬市観光交流課 観光資源活用担当係長
#バリスタ型公務員
神奈川県川崎市生まれ。早稲田大学卒業後杉並区役所へ入庁。庁内システム運用部署配属後、南相馬市へ災害派遣。津波被害を受けた沿岸部、放射能被害を受けた山間部の復興計画策定に関わる中で、旧避難指示区域に通う学生のための溜まり場として手作りキッチンカーで駅前カフェを開業。一度杉並区に戻るものの、地域との距離感がより近い場所でのキャリアを求め、再度志望し南相馬市へ派遣。2019年から観光資源の活用を担当し、地域資源を将来への投資資源とすべく奮闘中。
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#842037 2020-11-29 03:49:59
More updates
Sun Nov 29, 2020
1:00 PM - 7:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
【早割①】一般参加チケット11/24(火)13:00まで SOLD OUT ¥1,000
【早割②】一般参加チケット(11/24(火)13:00-11/27(金)13:00) SOLD OUT ¥1,500
【通常】一般参加チケット SOLD OUT ¥3,000
Organizer
市役所をハックする!
623 Followers

[PR] Recommended information